1月8日 今日は・

定休日でした

1月5日、新年最初のお仕事は遠方からのご来店でユーノスコスモのオイル交換でした!
その後はご予約頂いていたお車のお預かり
と、日が暮れてから翌日のご予定だった重作業のご契約及び打ち合わせがあり
気がつくと午後10時でした(汗)
1月7日は朝早くから外注先に車を回送したり
あれこれ作業しました
今日は定休日でしたが車庫証明を提出したり外回りしたり・でバタバタしてました(~~)v


2019年1月1日 あけましておめでとうございます

本年も変わらぬお引き立てのほど よろしくお願い申し上げます


今日のお仕事

ユーノスコスモ エンジンオーバーホール

ユーノスコスモ JCESE 20BエンジンのO/H。
現在ローター各部の計測とアペックスシール、コーナーシール、サイドシールのクリアランス調整中!
今日はデルタシー(ΔC)と呼ばれるコーナーシールとコーナーシール溝とのクリアランス(隙間)の調整。
0.019〜0.023mmにしました。
続いてデルタイー(ΔE) サイドシールとコーナーシール間のクリアランス調整。
ここも重要です!
神経使います!


今日のお仕事

多くのご来店♪

今日は10台ご来店がありましたm(__)m
ボディー色は青・赤・黄色に白・黒・シルバー。
最近は電話での問い合わせも多く、受話器を取る手が油まみれ!なのも当たり前 (^o^)V

画像は
エンジンオーバーホール コスモスポーツ
、組み付け途中の様子。
L10B 10A型 
ロータリーエンジンのO/Hで難易度の高さは最高ランク!と思えるものです。
1000/1ミリ(1ミクロン)単位でのシール調整作業には根気と技術を要します。
あと大切なのはエンジン以外の補機類のセットアップ他。
キャブレター、ディストリビューターのホーバーホールはもちろん、納車後のメンテナンスや安心してお使い頂く為の注意点などのアドバイスです!!

このお車は昨日エンジン始動♪今日試運転で60Kmほど乗りました-☆

絶好調!
始動性・トルク感、アイドリングも良好!!
こんなに良く走ってくれて嬉しいです☆☆☆


今日のお仕事

エンジンのお話し♪

最近エンジンO/Hや当社エンジンに交換!などの作業を多く頂いておりますm(__)m
交換の場合それまで使用されていた物を
下取り等する為、工場にエンジンが溢れていました・・
そこで!
整理の為3個分解!!

数年前から過去に他社でO/H暦のある物を分解することが多くなりました・・
今回も2個がそれでした。
毎回ワクワクしながらバラすんですが・・
結果は「・・・・」です。
●FDのエンジンですがFC後期のローターが使用されている・・しかも中古で。
ポイントはいくつかありましたが、ローターのコーナーシール溝の底部にFC用とFD用2種のコーナーシールスプリング接触痕あり。
●使用頻度(磨耗状態)の違う中古のローターハウジングをフロントとリアに使用している。アペックスシールしゅう動面がゲバゲバになっている。
●テンションボルトの締め付け不良。
●ローター側面のオイルシール&シールスプリング再使用。
●あとよく見かけるのが「ΔE」(デルタイー)と呼ばれるコーナーシールとサイドシールのすき間を調整する時に、新品のサイドシールを使用する場合
長さを削って調整しますが、ΔEを小さくしたいのか?がんばりすぎて不具合を起こしている。
●コーナーシールとコーナーシール溝のすき間「ΔC」の調整不足。
●ローターのシール溝や側面等の研磨・修正はほとんどの場合されていない。
●テンションボルトに締め付け順序が書き残されている・・などなど。

いずれのエンジンもある程度の経験者が組んだ物とは思います。
しかし残念ながら「素晴らしい!」と感じたことがありません。
そこで、もし当社でO/Hしたエンジンをそれとは知らず分解したら?と考えることがあります。

おそらくO/H暦の無い新車時の物だと勘違いし、分解途中でやっと「オヤ?」と思い
最後の最後に私だけに分かるローターへの刻印にビックリと思います・・!!